いまだ金時ラジオ

いまだ金時ラジオ第10回 飲茶先生の本について語ろう

博士
博士
今回も力作となっております。

過去のいまだ金時ラジオでは、1冊の本を深堀りしてきましたが、今回は、飲茶先生の代表作である、「哲学的な何か、あと数学とか」、「14歳からの哲学入門」そして「正義の教室」について取り上げてみました。
いずれもオススメですが、正義の教室は最後に読むのが良いかも。

↓イントロダクション

↓哲学的な何か、あと数学とか

↓正義の教室

↓14歳からの哲学入門(ニーチェ)

↓14歳からの哲学入門(構造主義について)

↓フランケンのポエム説教